戸渡不動産 本文へジャンプ
全力レポート

平成23年8月28日(日)
退陣と引退
やっと管首相が退陣表明をし、民主党の代表選が告示されました。昨日から候補者の考えや方針と言ったものを様々なテレビや新聞で見聞きしています。
でも、いくら彼らのそう言った発言を聞いても何かもどかしさがあります。我々国民は代表選には投票できないからです。結局誰に発信しているのか。民主党の議員へか。

今回の代表選は党員・サポーター票も無い超短期決戦です。明日には新たな代表が決定されます。候補者の考え等がどこまで考慮される結果になるのか疑問です。結局派閥の方針で選ばれる事になるのでしょう。
候補者がいくらああします、こうします、と言っていても派閥の利益が優先されてしまいます。小沢さんの党員資格復活や、派閥から大臣を出すとか。国の利益、国民の利益を優先していただきたいものです。

首相退陣に先行する形で、島田紳助が引退宣言をしたのにはびっくりしました。印象としてはヤケクソ引退だと思います。本人も言ってますが、「たったこの程度の事」でそこまで言うなら辞めたるわ、と言う感じでしょう。
あんなに輝いていた人が急にテレビの前から消えていなくなる事が本当に出来るのか疑問です。きっと復活すると思っています。芸能人としてではなく、私は政界進出と言う形ではないかと思います。

今回、暴力団絡みではありますが、犯罪を犯した訳ではないので、政治家への立候補は可能です。大阪の有権者もきっと投票するでしょう。紳助も実はいつかは、と思っていてタイミングを計っていたのかも知れません。と、思っているのは私だけでしょうか?

そうそう、アップルのスティーブ・ジョブズ氏が辞任したのも今週でした。今週は辞任劇の1週間でした。


平成23年8月18日(木)
県の条例で…
中学生の息子を連れて映画館へ行きました。窓口で中学生のチケットを求めた所、「福岡県の条例で、終了時刻が23時を過ぎる作品については保護者同伴でも18才未満の方は入場できません。」と冷たい返事。こんな条例、全然知りませんでした。

改めて行く事にしていますが、レイトショーは無理ですので、通常料金の時間帯で行くしかありません。県と業者がグルになって売上を上げようと企んでいるんじゃないか?でも、お客さんが減る事も考えられるのでそれはないか。

とにかく規制は厳しくなるばかりで、今の子供は堅苦しい世界で生きていると思います。大野北小学校でも校則が厳しく、小学4年生までは自転車に乗ってはいけないとか、学校区から出てはいけないとか、あまりに縛り過ぎていると思います。
自分が小学生の頃はそんな縛りは当然なく、自転車で24時間掛けて柳川に行って帰ってきたり、1泊2日で北九州まで行ったりしました。子供にとっては大冒険だったと、今でも楽しかった思い出です。よくぞ一人息子の私を行かせてくれたと親に感謝です。

色々な事件、事故が起きる度に規制が厳しくなって住みにくい世の中になって行きます。不動産業界でも同じです。
アスベストや建物強度の問題が発覚すれば、その事に関する内容が重要事項説明書に追加されるようになりました。暴力団事務所の問題が話題になると、暴力団事務所として利用しない旨の誓約書を取るよう指導されています。

昔を知る人に言わせると、昔は重要事項説明書は紙切れ1枚だったそうです。それが、あれも言えこれも言えと次々に追加され、今では10ページ以上のひとつの冊子になってしまいました。説明するのに1時間は要します。
10年後、20年後にはいったい何ページになっているのでしょうか。


平成23年8月7日(日)
胃カメラ健診
今日は朝から胃カメラ健診でくたびれました。結果は特に異常は無いとの事で一安心です。いくつかポリープはありますが、これは以前から分かっていた事で気にしなくても良いものです。

昨晩は週末夜のお楽しみの一人晩酌を我慢して、9時以降は飲食せず、朝も絶食状態で健診に臨みました。近くの松坂内科さんは日曜日も開いているので、仕事にも影響せず助かります。

胃カメラは2回目で、前回は初めてと言う事もあって、恐怖心から鼻から挿入する方法で健診したのですが、かなりきつかったです。最初に鼻に2、3種類の液体を入れられ、これが口にも流れ込んで来るのですが、ニガいし、鼻は苦しいし。
そしていよいよカメラの挿入ですが、これも苦しかったです。オエってならないのかと思っていたら、思い切りオエってなりました。もう、早く終わる事を願いながらひたすら耐えるしかありませんでした。

と言う、ニガい経験から、今回は口からやってみるかと思い立った訳です。どうせオエってなるなら意外と口から入れた方が楽かも知れないと思ったのですが、それは間違いでした。
鼻の場合、最初の苦しみがMAXでしたが、口から挿入する方法はそのMAXが挿入する度に繰り返され、げーげー言いながら、涙は出るし、唾液は垂れ流しで、全身に力が入ってしまいます。

やはり次回からは鼻から挿入する方法にしようと思います。
バリウムは気持ち悪いし、胃カメラ挿入は苦しいし、何か楽な方法は無いものでしょうか。カプセル状のカメラを飲む方法が研究されているそうですが、早く実用化されて欲しいものです。
今の方法は何十年も変わっておらず、もういい加減新たな方法が主流となってもおかしくないと思います。

とにかくこれで安心して酒が飲めます。今日は、昨日飲み損ねた分を取り戻そうと思います。


平成23年7月31日(日)
蜂の駆除
入居者の方からマンションの入り口近くに大きな蜂の巣が出来ているとの報告がありました。早速翌日の朝一番で見に行った所、20匹以上が群がる程の大きな巣になっていました。

早速、持参したケムシ用の殺虫剤を噴射。この殺虫剤は1週間前にも自分の家の庭の木に出来ていた小さな蜂の巣で効果を確認済みです。吹きかけてすぐに蜂達がポトポトと落ちてきます。大半は落ちた後に必死で飛んで逃げてしまいましたが、数匹は踏みつぶして殺しました。

中にはこちらに向かって来る奴がいて、走って逃げるのですが、ちょうど近所のおばさんが外に出ていて、「このおっさんは朝から何をしているのだろう?」と不思議そうに見ていました。確かにいい年したおっさんが急に逃げ出す姿は傍から見れば滑稽に映ると思います。

手が届かない所に巣があったので、一旦退却し、2時間ほどして巣を除去しようと戻ったら、また巣に数匹が群がっていました。先程逃げて生き残った奴らか、その時外出していた奴らが戻って来たのかは知りませんが、再度殺虫剤を噴射。全ての蜂がいなくなった所でホウキで叩いて巣を落としました。中には幼虫がぎっしり。ウニョウニョ動いていました。

蜂の子は食べたら美味しいと聞きますが、殺虫剤を掛けていますので食べれません。油炒めにでもして一度食べてみたいと思いますが、殺虫剤なしの戦法はなかなか厳しいものがあります。後から思いましたが、白い蓋がされた部屋の中の幼虫には殺虫剤はかかっていないと思うので、それは食べても良いのかも知れません。

事務所に巣を持ち帰ったら、ちょうど来店されていたお客様から「そんな仕事もするとね」と感心されました。不動産業には学歴なんか関係ありません。


平成23年7月25日(月)
年貢の納め時です
ネット通販で購入した育毛剤「霊草F.U.K」が届きました。

私が28才の独身の時、今の妻が自然に抜けた私の髪の毛をある所に送った所、「検査結果」が返って来ました。そこには「あなたは若ハゲです。」と書いてありました。(失礼なっ!)それ以来育毛に励むようになり、既に15、16年この育毛剤を使用しています。
また、シャンプーにもこだわって「グローイングシャンプー」と言う高いシャンプーを使っていますが、これも通販で購入しています。

私の両親の家系はどちらもハゲの家系で、特に母方の家系はツルツルと言って良いほどです。男は母方の遺伝が強いと聞きますので放っておけば私もツルツルになるのかも知れません。
何とかここまで育毛剤とシャンプーでもって辛うじて髪の毛を保ってきていましたが、さすがに最近は後の方が隠しようがないほど薄くなってきました。散髪した後は特に隠しきれません。

何もケアしていなかったら今頃はツルツルだったかも知れないと思えば、よくぞここまで持ち堪えてくれたと感謝しなくてはならないのかも知れません。これからも育毛剤とシャンプーで少しでも進行を遅らせる努力は惜しみませんが、どこかのタイミングで「カッコいいハゲ」に切り替えなくてはならないでしょう。(バーコードだけは嫌です)

最近、爆笑問題のAGAのコマーシャルが気になります。「お医者さんに相談だ」と言ってますが、機会があれば行ってみたいとも思いますが、「30代の抜け毛」とか言っているので自分には効かないのではないかと思っています。歳にはかないません。

今度は通販で加齢臭を抑える石鹸を買おうかなと思っています。歳はとりたくないものです。


平成23年7月17日(日)
大トラブル発生!!
最近仲介した事務所の契約で起こってはならない事態が起きてしまいました。これまでの15年間で3,000数百件を超える契約件数の実績を誇る私ですが、こんな事態は初めてです。

ある事務所ビルの南西角部屋を仲介したのですが、お客様へ鍵も渡し終え無事契約完了となりほっとしていた所に、その後お客様から「契約した部屋に他の会社が既に入居しているんだけど、どう言う事?」との連絡がありました。頭の中がパニックになりながら現地に急行した所、確かに他の会社が入っており普通に仕事をしているではないですか。

その会社に入って話を聞くと202号として契約したとの事。私はその部屋を201号として契約した訳ですが、南西角部屋が201号であり、202号でもあると言う事実。どう言う事かと言うと、その会社の方が見せてくれた物件資料には確かに202号と書かれていて、私が持っている資料には201号と書かれていました。資料が2種類あって、同時に南西角部屋を別々の部屋として申し込んだようです。

管理会社が支店と本社で異なる部屋割の資料を持っていた為に起きた事故でした。私は本社を通じて仲介手続きを行いましたが、本社もその日までその事実に気付いていませんでした。

お客様には東南角部屋に入居いただくしかないのですが、エアコンが付いていない点や部屋の補修状況が悪い等「ああ、そうですか」と簡単には行きません。又、縦に並んだ北西角部屋も借りていて、そことの位置関係や動線の良さも気に入っていた訳です。

結局管理会社側でエアコン取付と補修工事を負担し、慰謝料的なものを付加することでお客様には妥協いただきました。(納得はできないでしょうが)

本当に手が震えた程大変な事故でした。


平成23年7月10日(日)
旧暦を考える
7月7日は七夕でした。
天の川を仰ぎ見、彦星と織姫の出会いに想いを馳せる…、こんな梅雨も明けきれない頃に空を見上げても雨空で、短冊に書いた願いも雨でにじんで読めなくなります。

なんでこんな時期に七夕なのか。そう、旧暦をそのまま現代に当てはめているからです。旧暦と新暦は1ヶ月以上ずれているので、旧暦の7月7日は今で言えば8月中旬近くになります。その頃であれば雨の確率も減り天の川もきれいに見えることでしょう。

西洋に合わせて新暦を用いたのは仕方がないと思いますが、節句を新暦に用いるのは無理があります。
そもそも正月を新暦1月1日に祝って、「新春」だの「初春」だのと真冬に何を言ってるんだって感じです。旧暦なら今で言う2月中旬だから、それだったら分かるけど。

旧暦から新暦に変わった年は混乱したことでしょう。まだ11月下旬頃だと言うのに、明日は正月だと言われてもピンと来なかったのではないでしょうか。これから寒くなるって言うのに「新春」だのと祝ったのでしょうか。想像するとおかしいです。
それでも日本人なら柔軟に適応していったのでしょう。

アジアには今でも旧正月を祝う国がありますが、本当はそっちの方が正しいと思います。やはり季節感も伴わないと節句を祝う意味も違和感が生じます。そう言う柔軟性の方を大事にすべきだったのではないでしょうか。
旧正月をはじめ、旧雛祭り、旧端午の節句、旧七夕…と旧暦でお祝いすべきではないでしょうか。今更無理か。


平成23年7月7日(木)
焼肉
久しぶりに家族3人で御笠川2丁目にある「山北」さんに焼肉を食べに行ってきました。「特選3、4人盛り」を堪能して参りました。
ここでは検査しているので大丈夫との事でユッケは健在です。是非今後も守って行って頂きたいものです。

昨日の新聞記事にレバ刺しが今後禁止になるかも知れないような事が書かれていましたが、レバ刺しは好きなのでそこは何とかならないものかお願いしたい所です。併せて馬刺しも禁止にはしないで欲しいです。

私は以前から、口に入れるものを扱う商売は大変だな、と常々思っていました。食中毒でも起こそうものなら今回の「焼肉酒家えびす」のようになってしまいます。材料の仕入れは多すぎても少なすぎてもいけない訳で、残った材料は賞味期限の問題が付きまといますし、廃棄の問題もあります。頭が下がる思いです。

一方で、当たればチェーン展開やFC展開と際限なく大きくなるのも飲食店のもつ魅力なのでしょう。「一風堂」さんのように日本に止まらず、世界に展開するような会社まであります。きっと最初はどこかのお店で修業していたのでしょうが、正にジャパニーズドリームです。

所で不動産業はと言うと、エイブルさんのようなFC展開もあり得るのですが、地主さんや家主さんとの信頼関係や、地域の方々からの信用を頂けるよう地域に密着しておかないと思うようには行きません。大手不動産会社とは扱う仕事の種類も違いますし、小さい所はそこにしかできない仕事がある訳で、地道にがんばって行くしかありません。食中毒とかないので気楽かも知れません。


平成23年6月26日(日)
苦手な数字
会計ソフトを買ってみました。インストールもしましたが、まだ使っていません。以前の雷騒動でパソコンの調子が悪く、買い換えて新しいパソコンの下で経理業務を行おうか迷っています。

どうも簿記と言うものに抵抗があります。大学時代に簿記を受講してみましたが見事落としました。それ以来簿記に対して苦手意識があります。社会人になってからは数字に弱いと言う自覚もあります。

中学・高校時代は数学が得意で、大学受験も数学を選択した程で、自分は数字に強い人間だと思っていました。物理や化学は苦手だったので理系の進路は諦めたのですが、文系でも数字に強いと言う勘違いからコンピュータ業界に飛び込んでみたものの、仕事をする中でやっぱり自分は文系で、数字には強くないと言う事がわかりました。と言う訳で現在不動産の仕事をしています。

私は暗算が苦手です。お釣りの計算がすぐに出来ず、いつも電卓に頼っています。又、u数を坪数に換算する際も大よその計算すらままならない始末です。新聞を読んでいても%や金額が羅列して書かれていると読み飛ばします。経営者として失格です。
そんな私でも円周率3.14159265358979323846264…と50桁位なら宙で言えることが自慢です。(何の役にも立ちませんが)

そんな感じなので会計ソフトでもってきちんと経理業務を行おうと思います。簿記用語も分からず手探り状態ですが、幸い不動産仲介業は会計上複雑ではないのが救いです。来年の確定申告は自信をもって臨みたいです。


平成23年6月19日(日)
最近の映画は…
昨日久しぶりに劇場に足を運んで映画を観てきました。
普段は近くのイオン(旧大野城サティ)内にあるワーナーマイカルに、夕食を済ませ、風呂も入って、後は寝るだけの態勢と言う、ホームシアター感覚で行くのですが、今回はイオン筑紫野まで「足を運んだ」カタチです。

観た映画は「スカイライン/征服」と言うものですが、大野城のイオンでは公開されていませんでした。突然宇宙人が攻めて来て人類を脅かすと言う、これまでにも何度となく作られてきたストーリーですが、批評は敢えていたしません。

最近の映画はCGのお陰で映像のリアリティの高さは言うまでも無いのですが、「どうせCGか」と冷めて観てしまう面もあります。昔はどうやってこの映像を撮ったのかが話題にもなったし、友人とも想像を巡らせたものです。デヴィッド・クローネンバーグ監督の「スキャナーズ」で頭が吹っ飛ぶシーンは話題でした。

確かに「ジュラシックパーク」の映像には度肝を抜かれました。その後も様々な映画でCGが駆使され、映画界がどっぷりとCGの魔力にはまっているようです。かつての様に模型をリアルに作って撮影したり、命懸けのスタントも不要となりました。CG映像には迫力はありますが所詮「絵」です。何か軽いんです。
昨年は3Dで起死回生を狙ったようですが、既にブームは去ってしまっています。これからの映画界が心配です。

さて、来週はスピルバーグ製作で、これからの作品に期待しているJ.J.エイブラムス監督の「SUPER 8」を観てきます。


平成23年6月13日(月)
やっと地デジ化
今頃と思われるかも知れませんが、ウチの事務所のテレビがようやく地デジ対応のテレビに代わりました。これまで88年製のテレビでしたので23年もの長い間持ち堪えた訳です。お疲れ様でした。

昨日、空港の横にあるベスト電器博多南店で購入してきました。とにかく今、テレビは安いです。以前は1インチ1万円と言われていましたが、今や1インチ1,000円と言っても良いと思います。
現に今回購入したテレビは16インチで16,800円ですので正に1インチ1,000円です。昨年のエコポイントが付いた時と比べてもエコポイント分以上に安く買えているのではないでしょうか。
今まで待って良かったです。

ウチの事務所には実は肝心のアンテナがありません。昔はあったらしいのですが、目の前に大きなマンションが建ち、電波障害で電波をキャッチ出来なくなったらしく、その為そのマンションのアンテナからケーブルが引き込まれていました。そのタイミングでアンテナを外したようです。
所が昨年管理組合の方が来られ、地上デジタルはウチの事務所でもアンテナでキャッチ出来るのでケーブルを切りますとの事。
結局新たにUHFアンテナを立てる事になりました。

よくお客様から「地デジ用のアンテナ」について問い合せを頂きますが、元々地デジ用のアンテナと言うものはない訳で、UHFアンテナでキャッチします。福岡はFBSがUHF放送なので、昔からUHFアンテナはどこの家でも立っていて新たに立てる必要はありません。

そう言えば、車のナビに付いているテレビがアナログなので地デジ対応にすべきなのですが、お金がもったいないので我慢します。


平成23年6月3日(金)
民主党劇場
一昨日の内閣不信任案提出から昨日の採決、そして否決に至る一連のドタバタはいったい何だったのでしょうか。そしてその後の更なる民主党内でのウチワモメには目を覆いたくなります。

あたかもシナリオでもあったかの様な昨日の否決劇でした。
私は初期の頃の007シリーズのストーリーパターンを思い起こしてしまいました。
世界征服を企む犯罪組織スペクターの首領ブロフェルド(いつも膝の上でペルシャ猫を撫でている奴)が正に小沢さんで、、その小沢さんは菅政権転覆を企んでいる訳です。そこに虎視眈々とその行方を伺うのがソ連に当たる自民党です。
鳩山さんは謎の組織として存在し、一見ブロフェルド・小沢に強力しているかのように見えました。

007シリーズではスペクターの企てが完璧に遂行され、世界征服はほぼ確実かに思える所まで行くのですが、今回の内閣不信任案も当日のお昼までは可決するとほぼ思われていました。だって、鳩山グループが賛成に回れば可能性は十分にあった訳です。

所が、ジェームズ・ボンドと言うには無理があるが、菅さんが「目途が付いたら辞めます」と言うQもびっくり、秘密兵器を出した訳です。これで敵と思っていた鳩山さんが翻って味方に付いた格好です。
これで全ての流れが変わりました。

ブロフェルド・小沢は脱出装置でさっさと逃げてしまい、差し金である松木謙公さんが正面突破で立ち向かったけど玉砕。
ここに民主党の平和は守られた訳です…とは行かなかったですね。結局辞める時期について揉めているし、ブロフェルド・小沢は生き残っていますので、どうも続編がありそうです。

観客である国民、特に被災地の方々からはどん引きされたエンディングでした。

TOWATARI FUDOSAN